トップ / 賃貸では騒音に気をつける

賃貸物件を借りるとき。

賃貸物件を借りる際に気をつけた方が良いのは、遮音性についてです。実際に物件を見学しに行った時などに壁を叩いてみたり、窓を開けたときにも、外の車などによる騒音はどの程度かを参考までに記憶しておいた方が良いでしょう。格安の物件によくあることですが、隣同士のお部屋の音が意外と気になることもあります。また、隣のアパートとベランダとベランダが隣接しているような場合、ベランダの外から隣のアパートの住人の話声が聞こえてくることも有り得ます。そして、意外と見落としがちなのが、キッチンの水道の蛇口をひねる音です。これは、借りる前に確認のしづらい点ですが、お部屋のキッチンが隣のキッチンと壁をはさんで向かい合わせに設置されている賃貸が多いので、蛇口の音や水の流れる音なども響く可能性があるので注意してください。

部屋の遮音性を考える

賃貸マンションでよくあるトラブルの一つが騒音の被害です。音楽や映画を大音量で聞いたり。よくあるのが子どもの足音や泣き声です。遮音性のしっかりした構造のマンションであれば、こういったトラブルは少ないかもしれません。どうしても耐え難い場合は、引っ越しが出来るというメリットもありますが、購入してしまうと、そう簡単にはいきません。しかし、どのマンションでも、近隣の方に迷惑をかけない気持ちが大切です。賃貸の場合も自分達が小さいこどもがいる場合など、下の階下の方に一言言っておくなどなんらかの配慮は必要です。音楽なども隣の部屋の方に迷惑にならないよう配慮しましょう。

賃貸選びに関する情報